業務について

金融システムを支える仕事とは

日本総研情報サービスは、『金融とITで社会インフラを支え』金融機関の心臓部を担っています。
当社では、三井住友銀行の基幹システムをはじめとした三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)の大規模システムの運用全般やシステム開発への参画など、様々な仕事を経験し、成長することができます。

システム運用エンジニア

システム運用とは、お客様が安心して利用できるよう運用管理を行い、ご要望通りにシステムを安定的に稼働させることです。
世界経済を支える巨大な金融システムを円滑に稼働させるためには、様々なスキル・ノウハウを身に着ける必要があります。そのスキル・ノウハウを遺憾なく発揮し、巨大な金融システムを安定的に稼働し続けることで、お客様からは“頼りにされ”、とても“やりがい”を感じられる仕事です。
また、様々な立場の人との関わりや、お客様のビジネスに触れるといった多面的な経験を通じて、自分自身の“成長が実感”できる仕事です。ホストやサーバなどマシンの搬入からシステム構築、安定的に稼働させるための改善提案など、仕事の範囲は様々ですが、システム運用の経験を通じて得られた知識や技術を糧とし、新しい技術に積極的に挑戦していくことで、システム運用エンジニアとして更なる飛躍を目指すことができます。

運用の仕事とは、お客様のビジネスに対して、

運用作業の流れ

①要件定義
 (お客様のニーズ把握)
お客様のシステムにおいて実現したい運用基盤・仕組みの把握
②運用基盤設計
 (ニーズ実現の方策確定)
システム化に向けての運用基盤(ハードウェア等)、業務処理内容の明確化
③運用基盤構築
 (システムの作成)
システム運用基盤の導入、安定稼働を実現するための構築(チューニング)
④運用テスト
 (作成したシステムの検証)
導入されたシステム運用基盤、チューニングした運用基盤の検証
⑤本番稼働、
 以降の維持・管理
システム本番稼働と、以降、システムを安定稼働させるための維持・管理

システム開発エンジニア

システム開発とは、お客様のニーズを適切に把握し、そのニーズに確実に対応するシステムを作り上げることです。
システムを無事稼働させることができた時の“達成感”、お客様から感謝のお言葉を頂いた時の“喜び”は大きく、様々な立場の人との関わりや、お客様のビジネスに触れるといった多面的な経験を通じて、自分自身の“成長が実感”できる仕事と言えます。システム企画をはじめ、システムのベースとなるIT基盤の構築から保守の仕事まで、プロジェクトによって仕事の範囲は様々ですが、システム開発の経験を通じて得られた知識や技術を糧とし、新しい技術に積極的に挑戦していくことで、システム開発エンジニアとして更なる飛躍を目指すことができます。

開発の仕事とは、お客様の業務に対して、

開発作業の流れ

①要件定義
 (お客様のニーズ把握)
お客様のビジネスにおいてシステムで実現したいことの把握
②システム設計
 (ニーズ実現の方策確定)
システム化に向けてのシステム基盤(ハードウェア等)、業務処理内容の明確化
③システム製造
 (システムの作成)
システム基盤の導入、システムによる業務処理を実現するためのプログラム開発
④システムテスト
 (作成したシステムの検証)
導入されたシステム基盤、プログラム製造した業務処理内容の検証
⑤本番リリース
 (完成したシステムの引渡し)
お客様へのシステム引渡し、お客様による新システムの本格使用開始
業務について
日本総研情報サービス/コーポレートサイト

PAGE TOP